4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー,2082円,車&バイク , カーパーツ , 外装・エアロパーツ,www.pistolen-sennwald.ch,/Acubens568057.html 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー,2082円,車&バイク , カーパーツ , 外装・エアロパーツ,www.pistolen-sennwald.ch,/Acubens568057.html ショップ 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー 2082円 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー 車&バイク カーパーツ 外装・エアロパーツ 2082円 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー 車&バイク カーパーツ 外装・エアロパーツ ショップ 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー

ショップ 4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー 人気商品

4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー

2082円

4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー

商品の説明

▶【シルプロテクターを取り付ける必要があるのはなぜですか?】

●新車にはシルプロテクターがありません:車の乗り降りのたびに、踏み降りが簡単です。元の車の敷居に傷を付けます。これは外観に影響を与え、敷居に修復不可能な損傷を与えます。

●引っかき傷や摩耗が容易:毎日の使用と長期間の摩擦により、引っかき傷、塗装の落下、ひび割れが発生します。

●ハイヒールの損傷:女性のハイヒールまたはハードソールの靴は、元の車の敷居の摩耗が大きくなるため、敷居を設置することが非常に重要です。バー。車をアップグレードして保護するために、できるだけ早くスレッショルドプロテクターを注文してください!

✔仕様
材質:カーボンファイバーレザー
●色:図のように
用途ステッカーはとても簡単で、ほんの数分で完了します。
1.貼り付ける場所の車の表面をきれいにします。
2。ステッカーの裏紙をゆっくりとはがし、車に貼り付けます。
3.乾くのを待つか、ヘアドライヤーを使って温めると、べたつきが良くなり、固くなります。
4.落下を防ぐため、取り付け後1〜3日以内に移動したり洗ったりしないでください。

????パッケージに含まれるもの:
4pcsドアシルプロテクターステッカー

????サービス:
信頼できる販売者として、私たちはお客様に最高のカスタマーサービスを提供することをお約束します。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。最も満足のいく解決策を提供します。

4PCS車のドアシルフォードフォーカスMK1自動床板用カーボンファイバー車のドアシルステッカー

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »